思春期

意外と知らないニキビの原因

学生自体、顔によくできるニキビに関して悩んだことは無いでしょうか。
洗っても改善されずに気持ちが落ち込んでしまうことを経験した人は多いでしょう。

そもそもなぜニキビが出来るのかというと、皮膚の毛穴に脂分が詰まってしまい、そこに菌が繁殖することが原因です。
若年層にニキビが多いのは、肌のケアを怠ってしまうこと以外に、分泌されるホルモンの影響とも言われています。

しかし、ニキビができるのは若い人だけではありません。
大人になってからも十分重症化する恐れがあります。
それには、普段の間違った肌の手入れの仕方や、食生活、睡眠のサイクル、ストレスなど、多様な原因があるのです。
体の内側が原因となっているニキビでは、塗り薬などで治すのは難しく、生活習慣を改めることが最善の方法です。

先ほど述べた間違った肌の手入れというのは、朝(または夜)の洗顔の方法にも関係します。
強い力を入れて洗顔を行ってしまったり、過度に何回も洗顔を念入りに行ってしまうと、肌に必要な成分ごと落としてしまうことになり、逆効果なのです。
『洗顔は水で簡単に』とか、『洗顔しない』肌の手入れ方法が推奨されているのも、そのためです。

ニキビができてしまった人は、どうしてニキビができてしまったのか。
普段の生活に問題が無いかどうかを見直す必要があるでしょう。